ゆらら~ 揺らぐこころ


うれしかったり 悲しかったり 楽しかったり 感動したり ・・・ さまざまに揺らぐこころを フォトと言の葉でつづります
by yu_ra-ra
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ:原体験( 4 )


夏雲 を 抜けて ・・・

b0098393_001423.jpg


・・・ 里帰り


b0098393_01178.jpg


b0098393_01415.jpg



海の音に 抱かれて
育った

潮風に 吹かれて
大きくなった

いつも 海は 傍らにいた


こころ 騒ぐ とき

いつも いつも
海に 帰る

潮の 匂いに 
つつまれる

いつも 海は こころ 静めてくれる
[PR]

by yu_ra-ra | 2006-08-18 00:18 | 原体験

ひまわりの種

子どもの頃 インコを飼っていた

はるばる 南米からやって来た

ペコちゃん と ポコちゃん (笑)

うちに 来た時 もう大きかったからね

ペコちゃんは 簡単な言葉を 3つくらい しゃべった

ポコちゃんは あんまり しゃべらなかった

スペイン語か ポルトガル語なら しゃべったのかな?

ふたりの 大好物が ひまわりの種 だった

b0098393_22383324.jpg


田舎の おじいちゃんが 庭に ひまわりを植えてくれた

ひまわりは ぐんぐん育ち 子どものわたしより 大きくなった

花が終わり 種が実った 乾燥したひまわりを もらってきて

新聞紙を広げて ひまわりの種を ほぐしていく

ペコちゃん と ポコちゃん の 1年分の食料

夏の終わりに 毎年 妹と一緒に ほぐした・・・

花の終わったひまわりを見て そんなことを 思い出した


ペコちゃんは 長生きして 天寿を全うした

ちょっと やんちゃな ポコちゃんは

ある日 鳥籠の掃除の隙に 大空へ翔けた

大空は 自由 だっただろうか?

あの頃 ふたりは 家族 だった・・・



    *    *    *

明日から16日まで、お盆帰省ツアーです(笑)
楽しんできま~す*^^*
[PR]

by yu_ra-ra | 2006-08-11 23:00 | 原体験

見捨てられ不安

いつも いつも
ずーっと前から
いつも いつも 不安だった
いつか この人も 消えてしまうのではないかと・・・
いつも 愛を確かめていないと
不安な わたし がいた

見捨てられ不安

幾度も繰り返して来た パターン

他の人の影を感知すると
途端に 過敏になる わたし

こころが暴走し
相手を追い詰め
音をあげさせた

そろそろ 気づいても いいんじゃない?

わたしは 見捨てられ不安のパターンを もってる

影に怯えて じたばたするのは
もう 終わりにしない?

自分を信じないと
相手も信じられないよ
[PR]

by yu_ra-ra | 2006-05-21 19:54 | 原体験

Island of Souls

〝Billy was born within sight of shipyard ・・・〟

Stingの〝The Soul Cages〟というアルバムのトップに流れる曲。タイトルは〝Island of Souls〟

なぜか惹かれた

たぶん〝shipyard〟という言葉

父は外国航路の商船に乗っていた
一度船に乗ると、しばらく帰ってこない
2年、3年
合間に2~3日とか1週間とか一時的に帰ってくることがあった

うれしかった
父にまとわりついて過ごした

明日は父が船に帰るという日の夜

「出て行く前に、絶対に起こしてね。約束よ!」

幾度も交わされた約束
一度も果たされなかった約束

朝目覚めると、どこにも父の姿はない

「起こしてくれる・・・言うたのに・・・」
布団の上に座りこんで
おんおん わんわん 泣いた
涙が枯れるまで泣いた

独り取り残された幼子はいつまでも泣いていた
[PR]

by yu_ra-ra | 2006-05-21 14:02 | 原体験